FC2ブログ
GPV
カレンダ
プロフィール

ナオキ

Author:ナオキ
旅人ナオキです。
倉敷在住のオーバーミソ。2012年にはいよいよアラフォーに。
ちょっと人見知りの行動派。広く浅くの多趣味。

twitter

escape_naoki < > Reload

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1378' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
204

130413-14三嶺

四国の三嶺にテント担いで久々の山歩き。のんびりと自然を感じながらの一人歩き。あまりにも気持ちいい天気で最高に澄んだ景色の「Good Day!」に浮かれて自分撮りで登場。ついつい軽量化なんて言い訳しながら山頂でプシュッとやっちゃった。徳島側から登り三嶺を経由して高知側へ下山していく。カヤハゲから眺める三嶺にしばらく見惚れる。堂床まで下山してテントを張って川原で一人宴開始。川の冷たい水でビールも良く冷える。久... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/VZTmKnqb9-bJorMI98OGY9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-Y2F2mFyEEII/UWrX3EcFaZI/AAAAAAAAZ6c/eNx97o-P15k/s640/DSC09618.JPG" height="425" width="640" /></a><br />四国の三嶺にテント担いで久々の山歩き。のんびりと自然を感じながらの一人歩き。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/hkUvLMNeR7EzshgKCnUSgdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-aLBa7K3kyUg/UWrX126O4DI/AAAAAAAAZ6Q/w9Y0J08_feY/s640/DSC09646.JPG" height="425" width="640" /></a><br />あまりにも気持ちいい天気で最高に澄んだ景色の「Good Day!」に浮かれて自分撮りで登場。<br />ついつい軽量化なんて言い訳しながら山頂でプシュッとやっちゃった。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/PL1jZKXmeqJcKOwIFbf52NMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-NV8aZnADWxg/UWrX_LGCULI/AAAAAAAAZ6w/Dp2IBUrCVwI/s640/DSC09663.JPG" height="425" width="640" /></a><br />徳島側から登り三嶺を経由して高知側へ下山していく。<br />カヤハゲから眺める三嶺にしばらく見惚れる。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/1cQZnQig1IHHImRt7m9SNdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-YVIUv_4dZFQ/UWrYERkYvbI/AAAAAAAAZ7Q/R1Jk27MfXJo/s640/DSC09716.JPG" height="425" width="640" /></a><br />堂床まで下山してテントを張って川原で一人宴開始。川の冷たい水でビールも良く冷える。<br />久々にストームクッカーでの調理だったが、やっぱり使い勝手がいい道具だ。<br />ちなみに予想通り堂床はdocomo圏外だったので完全に「ぼっち」になれる。<br /><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/dGiViYL_tkd9SQGf_fW-tNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-NtXTP01LQp0/UWrYIutDpMI/AAAAAAAAZ7g/iLQY3XZLylw/s640/DSC09745.JPG" height="425" width="640" /></a><br />翌朝は5時起床。朝食を作って食べて、食後のコーヒーを味わう。<br />Ben&Joeも歯ブラシも済ませてテント撤収して準備してたら8時になってた。いつも朝は3時間くらいかかってしまう。もう少し手早くしたいものだが、どうにかならんかなぁ。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/4QA4GJQqk4X8bfO7nduY4NMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-RIXV4C-yQq0/UWrYXcBLw2I/AAAAAAAAZ8Y/AuNyg_r6kWc/s640/DSC09778.JPG" height="425" width="640" /></a><br />まだ春にはもう少しかかりそうな、それでも気持ちいい森の中を登っていく。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/NmQQdcitUrcKjjGlFKWintMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-28vARXD_raQ/UWrYW1eBFuI/AAAAAAAAZ8I/KHtbJn_z-b8/s640/DSC09800.JPG" height="425" width="640" /></a><br />お亀岩避難小屋はキレイで近くに水場もあるし、今度は是非泊まってみたい素敵な小屋。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/oUhqTCPkFxAazvox492WvdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-_RAcqoajius/UWrYZmjKT3I/AAAAAAAAZ8g/0zr_krH4vl8/s640/DSC09822.JPG" height="425" width="640" /></a><br />2日目のハイライトは西熊山から三嶺へと続く笹原の稜線歩き。<br />ただこの日は風がきつくてほんわかというわけにはいかなかった。それでも楽しく三嶺までの稜線を歩きを楽しみ、三嶺小屋で昼食を食べて名頃に下山した。<br /><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/-4bE5kGXoKR1npWeo2ApItMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-tHOEZ-wpcZg/UWwOO8o9QbI/AAAAAAAAZ-4/jTWzm2piFog/s288/%25E5%259C%25B0%25E5%259B%25B3.jpg" height="215" width="288" /></a><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/jSHgPC6ElqgIz794pNrdQdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-U8DgYI85_KQ/UWwOPGFGxsI/AAAAAAAAZ-8/dzA0_Dh621A/s288/%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2595.jpg" height="135" width="288" /></a><br /><1日目>赤線<br />名頃→三嶺→カヤハゲ→さおりが原→堂床テン泊<br /><2日目>青線<br />堂床→八丁→お亀岩→西熊山→三嶺→名頃
  • Date : 2013-04-15 (Mon)
  • Category : 登山系
203

130323-24振子沢

今年の中国地方は雪少なかったな。いや、前シーズンと前々シーズンが降り過ぎたのか。最後の雪を求めて大山振子沢へ出かけた。ずっと憧れだった振子沢の源頭。しかしカチンカチンの雪でボロボロライディングで泣けた。振子沢滑走後は地獄谷での雪中キャンプ。素敵な2daysに乾杯!... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/TOjs3l0-fuFPESWYZAlfg9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-eIS1zbLdnb0/UVB3NZCSL3I/AAAAAAAAZh0/UkNuI6Cb69g/s640/DSC09394.JPG" height="425" width="640" /></a><br />今年の中国地方は雪少なかったな。いや、前シーズンと前々シーズンが降り過ぎたのか。<br />最後の雪を求めて大山振子沢へ出かけた。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/_JCrp2WyMOWjfSt55sHnwNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-a13ewfVYJAc/UVB3NyxuScI/AAAAAAAAZiE/oo8o6Hlh9_Y/s640/DSC09427.JPG" height="425" width="640" /></a><br />ずっと憧れだった振子沢の源頭。<br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/Q5FlwhhBjOnPMUOVR7_tMNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-r8PkVlaTPsw/UVB3PR_iHDI/AAAAAAAAZiU/fTZLdYISCu8/s640/229495_346708045428953_665217619_n.jpg" height="640" width="480" /></a><br />しかしカチンカチンの雪でボロボロライディングで泣けた。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/zQohzoZenkrKqdZWioiLQtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-qO-_ruyi2qA/UVB3PHLpvdI/AAAAAAAAZiM/UGBA20x_DOY/s640/DSC09536.JPG" height="425" width="640" /></a><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/tmWNmPZBNibXgycm9bGe6dMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-mZPDWA3MBsA/UVB3Px17XdI/AAAAAAAAZic/siAVtuvcZmE/s640/DSC09558.JPG" height="425" width="640" /></a><br />振子沢滑走後は地獄谷での雪中キャンプ。素敵な2daysに乾杯!<br />
  • Date : 2013-04-15 (Mon)
  • Category : 滑り系
202

130209-10

遊びすぎの伯耆大山2days楽しい仲間と大自然に感謝!   ... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/p-Aqdtcj8-diEeyXhA67VdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-YZ0pXPBfs7o/URhIIeaGTwI/AAAAAAAAXhk/t6CmNUxyQhE/s640/130209-10ddpm%2520%252801%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />遊びすぎの伯耆大山2days<br />楽しい仲間と大自然に感謝!<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/sTJijBS0_I4Ax9uIobKBRtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-6r2KtNQCAOA/URhINRJPqeI/AAAAAAAAXh8/kFYsynlWVfo/s640/130209-10ddpm%2520%252804%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/A3TFpkdRP3r_ZHSA0ov8etMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-JbFCWEkgtpU/URhIPn669AI/AAAAAAAAXiE/xIdOF1ZvNy0/s400/130209-10ddpm%2520%252806%2529.JPG" height="200" width="300" /></a>   <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/fvA-DCVyoqN9FcPJXTguj9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-6BdJCrB07vs/URhIQ6COkCI/AAAAAAAAXiQ/y8qcBFlQXXo/s400/130209-10ddpm%2520%252807%2529.JPG" height="200" width="300" /></a><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/HW3V-Ofxkb8yny2tDPzzINMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-X26_vVqMJXQ/URhITVFXFaI/AAAAAAAAXis/67hUyL-Ub5I/s640/130209-10ddpm%2520%252810%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br /><br /><iframe width="640" height="480" src="http://www.youtube.com/embed/8PRv2pokxSs" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/yeR1E8fLp19-eNZ8ey1Ta9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-LUfpkj7LK58/URhIWal4OkI/AAAAAAAAXjU/za7gBB6J17g/s640/130209-10ddpm%2520%252815%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br /><br />
  • Date : 2013-02-16 (Sat)
  • Category : 滑り系
201

2013年雪はじめ

明けましておめでとうございます。2013年年男のナオキです。正月休み最後の土日で雪山へ遊びに行ってきました。土曜日は仲間とわかさ氷ノ山スキー場から登ってワサビ谷を滑り、日曜日はMy favorite place烏ヶ山に入り、ソロでイグルー作りをしました。寒波豪雪でこの冬は大変ですなんてニュースが繰り返し流れていますが、どうやらそれは北や東日本でのお話しで、僕の遊び場である西日本、特に中国地方は雪不足の新年を迎えていま... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/F-ZvRhGYgbgYY7vGq0T61NMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-KeCXae5QIXY/UOmEoGAZScI/AAAAAAAAWkw/ykGhlwc3qU4/s640/DSC08787.JPG" height="640" width="425" /></a><br />明けましておめでとうございます。2013年年男のナオキです。<br />正月休み最後の土日で雪山へ遊びに行ってきました。<br /><br />土曜日は仲間とわかさ氷ノ山スキー場から登ってワサビ谷を滑り、日曜日はMy favorite place烏ヶ山に入り、ソロでイグルー作りをしました。<br />寒波豪雪でこの冬は大変ですなんてニュースが繰り返し流れていますが、どうやらそれは北や東日本でのお話しで、僕の遊び場である西日本、特に中国地方は雪不足の新年を迎えています。はたして今シーズンは楽しいスノーシーズンを送ることができるのか少し心配しています。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/rYV-PWOrBquckRygD0V0utMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-qy1HTruhXFQ/UOgYN3IJXnI/AAAAAAAAWck/TltHItnp8ZM/s640/DSC08755.JPG" height="425" width="640" /></a><br />1/5(土)氷ノ山<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/PbQlOov06fI-WFb6G-E8yNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-hDx1H_mLQUw/UOmEjlzDK2I/AAAAAAAAWkI/l4AV-adX-1w/s640/DSC08773.JPG" height="425" width="640" /></a><br />1/6(日)烏ヶ山
  • Date : 2013-01-09 (Wed)
  • Category : 滑り系
200

120901渚駆頂3776m

完登計画でプランを立てたとおり金曜日仕事が終わって電車に乗って吉原駅へ向かう。今回生まれて初めて新幹線(のぞみ)から新幹線(こだま)への乗り継ぎをした。何だか大人な感じがした♪そして静岡から普通電車に乗り換えていよいよだなってワクワクしていると吉原の3駅ほど手前から土砂降りの雨。あの電車の窓に斜めに入る水滴のラインを見て一変にテンションが下った。畜生、晴れの予報だったのになぁ…。それでも日頃の行いが良い... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/v6v98mz0bzOaOp2EqOyeHtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-L2zmlPCl1-E/UEmHcO0Cs1I/AAAAAAAAROo/cPxYx6rBiBk/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252829%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br /><br /><strong><アプローチ></strong><br /><a href="http://escapenaoki.blog.fc2.com/blog-entry-199.html" target="_blank" title="完登計画">完登計画</a>でプランを立てたとおり金曜日仕事が終わって電車に乗って吉原駅へ向かう。<br />今回生まれて初めて新幹線(のぞみ)から新幹線(こだま)への乗り継ぎをした。何だか大人な感じがした♪<br />そして静岡から普通電車に乗り換えていよいよだなってワクワクしていると吉原の3駅ほど手前から土砂降りの雨。<br />あの電車の窓に斜めに入る水滴のラインを見て一変にテンションが下った。<br /><br />畜生、晴れの予報だったのになぁ…。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/YueUNmRymt2CHVjPDmdYyNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-aKyL7PLEl30/UEmG5CYvN3I/AAAAAAAARLI/jKZLeYVjn-s/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252801%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />それでも日頃の行いが良いからなのか吉原駅に着くと雨は小康状態でほとんど止みそうな気配だった。<br /><br />これでどうにか出発できるかなぁ。<br />吉原駅からスタート地点の鈴川海岸まで住宅地の中を歩く。ときおり雲の間から大きな丸い月がのぞく。<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><strong><鈴川海岸~村山浅間神社><br />ロードコース 約19km<br />ペースキロ11:20くらい(途中休憩も含む)</strong><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/a7g2lP-kIPn3k0BN07vhS9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-ZjiuLI6a9Nw/UEmHAGebW9I/AAAAAAAARLs/b1g4Oq1kIdk/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252807%2529.JPG" height="640" width="480" /></a><br />防波堤を歩き、海岸へ下りられそうなところをやっと見つけて波打ち際へ。<br />波打ち際の近くにあった乾いたテトラポッドのところでヘッドライトを点けて走る準備をするのだが、雨上がりで湿度ムンムン、準備してるだけでも汗がポタポタとタレ落ちる。夜間ロードは気持ちよく走れるかなって思っていたがそうもいかなそうだ。<br /><br />海岸で丁度いいサイズの石を拾い、バックパックの中に押し込む。頂上へ持って行って奉納するつもりだ。<br /><br />午前1時22分、予定していたのよりも22分遅れで田子の浦・鈴川海岸をスタート。<br />スタート後すぐにバックパックのフィット感が悪く道端でゴソゴソと直す。いきなりの時間ロスだし、依然汗ダラダラで不快感満点。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/muGILl_b03nlsc1KetgPndMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-aQLcFOoe6KM/UEmHDwpJOAI/AAAAAAAARMI/JGk8xn2zFDk/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252809%2529.JPG" height="640" width="480" /></a><br />1㎞走った地点に「鈴川の富士塚」があり、ここでこれからの旅の無事を祈る。<br /><br />予定の出発時間を30分ほど遅れてスタートしたので少しばかりショートカットしながら先を急ぐ。夜間ランニングなので「名勝 左富士」や「平家越」などという看板があっても何も見えないしスルーする。<br /><br />吉原商店街は丁度スナックの閉店時間と重なって外国人のホステスさんたちに変な目で見られるw<br />地図どおり旧東海道を進まずショートカットで直進!やっと少しばかりいいペースで走れるようになってきたかな。<br /><br />広見公園を過ぎた辺りからムレムレだった湿度から徐々に開放されてすごく走りやすくなった。ほとんど満月に近い丸い月がずっと後ろをついてきて僕の背中を照らす。前方には真っ暗でその姿は見えないが富士山があり、山小屋であろう明かりが高いところでポツポツと光っている。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/jc1rsnXnc9Z6jvGK2qnTa9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-_DASq9yI1J8/UEmHL2SV-WI/AAAAAAAARM8/AqtCAF9Jcug/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252815%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />今回のルートで最後となるコンビニに立ち寄りおにぎりなどの食料を買って少しの間休憩をする。<br /><br />ここから先は舗装はされているがどんどん田舎道になる。街灯もほとんどない。ヘッドライト一つ夜道を走る。周りも木々が多く生えてるようになったので月明かりも届かないところが増えた。<br />途中ところどころに村山道と彫られた石の道しるべがあって僕を勇気付けてくれる。<br /><br />村山浅間神社までもう少しというところで<a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/1H5bQPRamuPFuM8mkCj6jdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=directlink" target="_blank" title="道に迷う">道に迷う</a>。事前に地図見ててもこの辺りで迷いそうだなって思っていたら案の定だった。昔の道をほぼ忠実に通らそうということだろうが、細い脇道などを通ることになるとうっかり行き過ぎて道を見失ったりする。<br />多分ここを通るのかなって思うところがあったが、草むらになっていてシューズ(VFF)が濡れるのが嫌で、舗装路を選んで通ったりしたもんだからすっかり迷ってしまった。。<br />仕方ないのでGPSの力を借りて正規のルートに戻ることが出来た。昼間ならそこまで分かりづらくないのかもしれないが夜間だとこういうことも茶飯事だ。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/BpM8bfHmTWIjfnrtaBDMq9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-MfCduZFSiAk/UEmHULqcg7I/AAAAAAAARN4/AOpa2JJQfFE/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252823%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />村山浅間神社まで残り1㎞ほどのところで日が明けてきた♪道の先に富士山のシルエットが見えて興奮した。しかしまだまだ遠くはるか彼方にその姿はある。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/zRkdJVFou0YWyIXWAbLuu9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-gCL4uXzU-9w/UEmHXDi746I/AAAAAAAAROI/nsTfpmaN3KY/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252824%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />村山浅間神社に到着。神社でここからの村山古道ルートを無事走破できるようにお祈りをして、神社近くにある山本商店の前で入山に向けて準備をして休憩をする。<br /><br />ここまでは自販機でペットボトルを買って飲みながら走ったが、ここからは販売機すらない森の中を進んでいくのでハイドレーションに水を1.5リットル、500mlペットボトルのアクエリアス1本をバックパックに装備。<br />ランニング用の短パンにVFFだと森の中では気持ち悪いので、地下足袋に長パンツをインして、頭にバグネットを装備して森の中を徘徊できる格好に変身。足の親指の先が地下足袋に当たって少し窮屈なのが気になった。<br /><br />山本商店の前で休憩約30分<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><strong><村山浅間神社~六合・宝永山荘><br />村山古道ルート 約16km<br />ペースキロ24:10くらい(途中休憩も含む)</strong><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/PfjpZcGNAgoe0-ausuEs3tMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-LYiKYkVYkh8/UEmHan4yD3I/AAAAAAAAROg/QJnAXmfqd6c/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252827%2529.JPG" height="426" width="640" /></a><br />村山浅間神社のすぐ横の道を登っていくのだがまだアスファルトで舗装されている。入り口に大きく「富士山」と書かれた石碑があり、いよいよこれから登山道かという気持ちになる。そしてそのまま2kmほど進んでいくと最後の民家を過ぎてアスファルトは砂利道へと変わる。<br /><br />六辻というところから本格的に森へ入っていく。村山ルートは正確に認められてるルートではないため、まだきちんと整備されているわけではなく、ところどころにある看板と赤や白のテープ目印を辿って進んでいかなければならない。<br />ところが入山して少し進んだところで林業者が伐採を行っていて印となる赤テープが足元に転がっていた。。<br />立ち止まって辺りを見渡しテープがないか探す。ここで林業者が木の幹に白いビニールテープを巻いている木が数ヶ所あり、それを案内のテープと勘違いして進んでいってしまい、早速森の中で<a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/lqYiKhok4hGxtT85N2wsvdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=directlink" target="_blank" title="道に迷って">道に迷って</a>しまった。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/SdyUtw7Q4eYPJnRBvfmyBdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-IG8uQ_mbPRc/UEmHgR0EiAI/AAAAAAAARO4/tHQ7t8mRuHg/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252830%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />再びGPSを取り出してその先でぶつかるであろう林道のところまで道なき道を登っていく。地下足袋に長パンツをインした格好で入山していて良かった。あまり足元の草や木の枝などを気にせず登っていくことができた。<br />ただ、一応防水スプレーを振ってきたが地下足袋はすでに濡れ濡れになっている。昨晩雨も降っていたし濡れてしまうのは覚悟していたので気にせず進んでいこう。<br /><br />無地に林道に出て、そこから正規のルートを探して再びコース上に戻ることが出来た。村山道は涸れた沢の中を突き進んでいくようになっていた。しっかり赤いテープも見えている。今度こそ迷わず進んでいこう!<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/ELOuVqrIXtoJDFKhDNKaItMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-NadQ2Fcb0sU/UEmHqZg14hI/AAAAAAAARPg/z-U0hLvlHos/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252835%2529.JPG" height="640" width="480" /></a><br />ここから先は赤テープをロストすることなく進んでいくことができ、だんだんこのルートの癖みたいのが分かってきた。それでも涸れた沢の足元は溶岩石がゴロゴロとしていて、さらには倒木を越えたり潜ったりと走れるようなルートではなかった。<br />スタート時点から出遅れているので出来るだけ追い上げていきたいから早歩きで進んでいく。でも印のテープだけは見失わないように。慎重に。<br /><br />完登計画で<a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/I7SgwxfxnUWmZLHvsXc6qNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=directlink" target="_blank" title="大体のペース">大体のペース</a>を予想していたが、その通りのペースになってしまい全然タイムを縮めることができない。ある意味、正確な計画を立てれていて素晴らしいのだが、このままでは下山が遅くなりすぎてしまうのではと不安になる。そこで途中の休憩時間を減らしてタイムを縮める手段をとることにした。<br /><br />走ってはいないし、そんなに急な登りでもないのにお腹が減って力が入らない。早歩きしながらもグーグーとお腹が鳴っている。天昭教の林道まで出ると道端に座ってコンビニで買ったおにぎりを頬張り体力の回復に努めるが、のんびりもしてられない。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/iEJZqBwS4sfbfmbwdmqgVtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-CaF3M2OQRYQ/UEmHyRZDpnI/AAAAAAAARPs/LwDZbGhY1_0/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252837%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />富士山麓山の村を過ぎると少しずつ道も分かりやすくなってきた。もしこの村山道をトレイルランで楽しむならこの山の村から2度目の富士山スカイラインの出会いまでの区間がお勧めになるだろう。<br />でも僕はこの時点でもうトレイルを走って登る力はないので相変わらず早歩きで進んでいく。<br /><br />村山道を登っていくと富士山スカイラインを2度越えていくようになるのだが、ここに近づくにつれて車の騒音が森の中に響いてきてちょっと残念な感じになる。せっかく気持ちよく山の中を歩いていたのに…。<br />しかもこの日緊急車両のサイレンの音が激しく響いていた。もう気分も台無しなのと何か大変なことが起こってしまっている?(富士山が噴火??)のかとかなり不安になった。<br />どうやらこの日は防災の日でその訓練だったのではないかということを後から聞いた。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/Jsbhd3TMz6-cUjIU7ffK69MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-F278cPiWp7I/UEmIIh4q8BI/AAAAAAAARQ4/S6WqGFdwl7I/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252845%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />2度目のスカイラインを越えると村山道もいよいよ大詰めでやっと山らしいハァハァ言うくらいの斜度になってくる。まだ予定よりも遅れているのでここでもうひと頑張りして遅れを取り戻そうと急いだ。<br /><br />赤テープを見失わないようにと辺りを確認しながら進んでいったが、いつのまにか正規のルートではない方へと続いている古い赤テープ印を追いかけてしまっていた。どんどんと道があやふやになり、本日<a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/iO-yZuPu-2Q5Is6RrouAmNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=directlink" target="_blank" title="3度目の道迷い">3度目の道迷い</a>をしていることに気付く。<br /><br />しかも今回迷った場所が悪かった。そこは大倒木帯と言われる場所で、木が方々に倒れてしまっていて進むに困難な場所だった。その倒木の中を縫うように正規のルートは通りやすい踏み跡があるのだが、見失ってしまってからその踏み跡を探そうにも倒れた木々や生い茂った草が邪魔をして見つけ出せない。<br />またまたGPSを頼りに正規のルートを確認すると、今自分のいる場所より東側に正しいルートがあるということがはっきり分かった。<br /><br />倒木が邪魔をして東方向に進んでいくことができず、少し登っては西に振られ、また少し登って東に行けそうなポイントを探す。彷徨っていると運悪く天候が崩れてきてどんどんガスってきた。ガスのかかった大倒木帯はそれはそれで幻想的で見事だけど、今の自分の立場上とても寂しい景色に見えて震えた。早く正規のルートを探さなくては。<br />そしてどうにか深い溝っぽいところもなくて倒れた木々を越えて行くことが出来そうなところがあったので、無我夢中で草をかき分け倒れた木々を乗り越えていった。<br />東に100メートルほどもがいていくとひょっこりと踏み跡が顔を出した。まだ正しいルートか半信半疑だったがとりあえず踏み跡を辿って登っていく。5分ほど登っていくと赤テープが倒れた木の枝に付けられていて、この踏み跡が正規のルートだと確信する。無事コースに戻れて良かった。<br /><br />コースに復帰して直にポツポツと雨が降り始めた。そして雨は次第にザーザーと強く降るようになってしまった。<br /><br />大倒木帯を過ぎて日沢を渡り、急坂になった村山道を赤テープの印通りジグザグに登っていると人の声が聞こえた。そのまま登っていくと3名の登山者がレインウエアを着こみながら休憩をされていた。<br />今回この村山道で出会う最初の登山者だったし、何より道迷い直後、雨に打たれながらの登山で正直少し参っているときに出会うことができたのでホント嬉しかった。<br />その登山者の方と少しお話をさせていただいて元気100倍!で再び登ることができた♪<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/S1gMotoALr1oEhrufFtYLdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-aJg-5CssIOE/UEmIexO_pkI/AAAAAAAARRs/CpoYhZhZgh0/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252851%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />まだまだ続くのかと思っていた村山道、再び森の先から人の声が聞こえる。自分よりも先に登ってる人も結構いるもんだなって思っていたのだが、森林限界を過ぎたのか一変に視界が開けてきて、僕の知っているあのガレた富士山の山肌が現れる。そしてふと先を見上げると登山者で溢れかえる富士宮ルート新六合目の山小屋があった。<br />さっき聞こえていた人の声はこの賑やかな山小屋から聞こえてくるものだった。<br /><br />村山古道を完走破!村山浅間神社からは6時間27分で宝永山荘にたどり着くことができた。時刻は11時半で計画の時刻通りにまで追い上げることができた。<br />宝永山荘で地下足袋を脱ぎ、少し足を乾かしながら山菜そばをすする。その間ひっきりなしに小屋の前を登山者が通過していく。今までの静かな富士山の森の中が嘘のようだった。<br /><br />宝永山荘で休憩約30分<br /><br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><strong><宝永山荘~富士山頂><br />富士宮口ルート 約4.5km<br />ペースキロ49:20くらい(途中休憩も含む)</strong><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/wK3mh_GA-xYLD0bKqUWXl9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-Re_w6Iuri5w/UEmIjE0IoSI/AAAAAAAARSE/c4jQhG4lvXM/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252856%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />足はしっかり乾いたが地下足袋は湿ったままだったけど履き直し、計画の予定通り正午丁度に再び登り始める。もう足が麻痺しているのか湿った地下足袋を履いても気持ち悪くない。そしてここからは迷いようのない登山道。<br /><br />今までの赤テープを探しながらとは違い、何も考えずに登れるから楽勝と思っていたが、子供からお年寄りまで沢山の登山者が登られていて、前を遮られて思うようなペースで登ることができない。そういえばこんな登山渋滞があったなってこの場になって思い出した。<br /><br />六合目を出発した時はガスが抜けて青空も見えてたので、長パンツは脱いでランニング用短パンに地下足袋というスタイルに必然的になった。短パンに地下足袋はどうなの?って感じがしていて今までトライしたことはなかったが、案外大丈夫っぽい(あくまで個人的な意見ですが…)<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/qSCmDXCkENsI8H7GxpKjfNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-pOltKWHO7R8/UEmIt2meENI/AAAAAAAARS4/tj2MsHzyWys/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252863%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />しかしその風変わりな格好も長くはしていられなくなった。再びガスが辺り一面を覆い、サーッという感じの雨が降り出した。風も強く吹きつけるのでレインウエアの上下を着こんだ。<br />高所での濡れた地下足袋は足の指先を冷たくしてしまい凍傷のようになるんじゃないかと不安に思っていたが、しっかりと登りで動いているので足の指先に冷たさを感じることはなかった。<br /><br />3000mを越えてもう少し登ったあたりから身体がすごく重くなってきた。高山病に近い状態か?ペースも周りの登山者よりも少し早いくらいにまでに落ちた。それでもあと少しと歯を食いしばって一歩ずつ足を出す。<br /><br />八合目の山小屋で少し晴れ間が覗いたんで喜んだが直ぐにまたガスって雨も混ざる天気に戻った。頂上で奇跡的に再び晴れ間が覗くことを期待したがやっぱり世の中そんなに甘くなかった。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/taXSh8I6I5_r2rmJ00GJBtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-Pmd3FTmnMZU/UEmI1K3F99I/AAAAAAAARTs/gcZvQBRW1hY/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252868%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />九合目、九合五勺と視界の悪い中登ってゆき、やっと富士宮口の頂上にある富士山本宮浅間大社奥宮へ。そして奥宮でここまで無事登ってこれたことの御礼してからいよいよ最高点の剣ヶ峰へと向かう。<br />最後の坂道はとてつもなく長く感じた。ここで今回初めて人に抜かれた。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/gpBWL02tY15R2xInxhfCL9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-N6TQBvRZsvM/UEmI3bxzRbI/AAAAAAAARXA/4s2BN5sw0-4/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252870%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/a-E390jKhB_G0pVG2uRyzNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-O0PA2wMh9pQ/UEmI5r-qptI/AAAAAAAARUI/-NcDi_brUq8/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252871%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />午後3時6分富士山頂上到着<br />午前1時22分に田子の浦の鈴川海岸を出発してから13時間45分かかった。道に迷ってしまったり、途中へばって何度も休憩もしたが"渚駆頂"見事達成できた。<br /><br />海岸で拾って持って上がってきた石を手に持ち写真を撮ってもらい、最高点へその石を奉納して下山を開始する。<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><strong><富士山頂~五合・佐藤小屋><br />吉田口ルート 約8km<br />ペースキロ16:50くらい(途中休憩も含む)</strong><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/nNykCgfIRFivmBaZLVxhY9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-evV97p1dOSE/UEmI6Jl-adI/AAAAAAAARUM/i968gnN4n5Q/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252872%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />下山は登ってきた富士宮口を引き返すことはしない。頂上お鉢を半周回って吉田口ルートを下山する。<br />雨こそ降ってはこなかったが頂上は酷いガスと風でお鉢を回っている人も少ない。これはチャンスと富士山頂上のスカイランを楽しむ。でもクラクラして足がドーンって重くなって直ぐにペースダウン。<br /><br />吉田口の下山道は途中八合目まで以前登ったことのある須走口の下山道と一緒なのでガスってても雰囲気分かるし足の運びもお手の物。走るようにかけ下りていってあっという間に八合目。<br />小腹も空いたのでここで少し休憩をしてバカ高いラーメンを買って啜る。ぬるいが腹には溜まったし少し体力も回復したので頑張れるだろう。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/NqB7KFg1O0_rxJLMcTBvi9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-XLu9nKU7Sts/UEmI99Wd0GI/AAAAAAAARUs/LhQ0-GG0WeQ/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252876%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />八合目の須走との分岐で吉田口の下山道を進んでいく。実は吉田口からのルートは登ったことがない。富士山は須走口から2度登ったことがあるだけなので、今回はなんとも新鮮な気持ちで登って下れるが、行ったことのないルートは少し不安。<br />それでも下山を始めてから高度を下げるにつれて徐々に視界も良くなってきているので安心感はある。地図上でも肉眼でもギザギザと九十九折れした下山ルートが確認できた。<br /><br />下山道にあるトイレのところでレインウエアを脱ぎ、再び短パンに地下足袋のヘンテコな格好になって下り、六合へと続くトラバース気味なコースを駆け抜ける。(自分的には駆け抜けているつもりだったが、実際は周りの人とあんまり変わらない速度だったのかも…)<br />少し景色を見る余裕も出てきて周りを眺めながら走ってると思いっきりつまずいて左足親指に痛みが走った。足の親指に窮屈さを感じていた地下足袋だけに爪がどうにかなってしまったのではないだろうか…。<br />地下足袋を脱いで足の指の状態を確認しようかと思ったが、もし酷い状態だったら心が折れてしまうので、痛みは続くが走れそうだったのでそのまま走り続けることにした。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/p6sEWAfqfiU8D2W4ylqFXtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-cY1AeNU8eq0/UEmJBFLeOiI/AAAAAAAARVA/ceEgEnZjLJs/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252878%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />六合目のところから下山していた登山者はみなスバルラインの駐車場の方へ行き、そのまま吉田口を下山されてる登山者はほとんどいなくなった。今までの賑やかさが嘘のように一変に静かになった。そしてそれと同時にまた辺りはガスに覆われて小雨が降り出した。<br /><br />3組ほどのパーティを追い抜いて吉田口五合目の佐藤小屋にたどり着いた。時刻は午後5時23分、かなり良いペースで下ってくることができた。<br /><br />佐藤小屋でコーラを買ってエネルギー補給した。小屋でコーラをいただいて休憩していたら外は土砂降りの雨になってしまった。<br />行ったことないルートだし、この先山小屋はないし、そして夜間の下山になっちゃうし…、このままこんな降られ方したらマズイなぁ。。<br />今日は一日降ったり止んだりの天気だったのでしばらくすれば雨も止むかもしれないと考え、もう少し小屋で休憩させていただくことにした。身体の冷え具合が少し気になったのでここでもカップラーメンをいただいた。<br /><br />小屋の主人や泊まりの登山客の方たちが相手をしてくださって楽しいひと時を過ごすことができた。そして窓越しに見てた雨も弱くなってきたような感じがしてきたので、意を決して出発することにした。<br />雨の中でずぶ濡れになってしまってもいいようにパッキングをもう一度きちんとして、ヘッドライトを取り出してレインウエアを着る。<br /><br />佐藤小屋で休憩約30分<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><strong><佐藤小屋~富士浅間神社><br />吉田口ルート 約トレイル4.5km+ロード8km<br />ペースキロ17:00(途中休憩ほとんどせずw)</strong><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/uh-i7aaNT59Lqu0Yald_YtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-ju1wZ7Agw94/UEmJCkAlNCI/AAAAAAAARVI/l-FVFNedrr4/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252879%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />佐藤小屋を出発するころ、あたりはすでに薄暗かった。雨もまだ降っている。いよいよここからはヘッドライトを点けてハンドライトも使って行ったことのないトレイルを下っていく。<br /><br />ルートは明瞭でしっかりしていて迷うことはないトレイルだから大丈夫だと小屋でお話をさせていただいた登山客の方に教えていただいていたので少し安心。トレイルに入ると木々が傘代わりになってくれてあまり雨を感じない。ライトで辺りを照らしてルートだけ見失わないように下っていく。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/Fexuqhgz1XNd7SBZLG8YEdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-rLLmYc3n9V0/UEmJEUhG2hI/AAAAAAAARVQ/5oGjYAaQyQk/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252881%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />途中ところどころに現在は閉鎖してある山小屋が建っていてそれがまた少し不気味で。もうあたり一面真っ暗で雨や風の音と自分の足音、それと自分が付けている鈴の音だけがしている。しかもいつもはうるさいなって思う鈴の音もとてもひ弱な音に聞こえた。<br /><br />ただひたすらの下り、聞いていた通りルート分かり易く迷うこともなかった。それでも早歩き程度で怪我しないように下った。途中1組だけ登っている3人のパーティにも出会った。物好きもいるもんだ。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/tleuNVbEN7IzrFN1lioTyNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-RkWfqSGn_7w/UEmJKVt4fnI/AAAAAAAARWA/DAmI6riGAPg/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252886%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />二合目を過ぎて一合目を下っていき富士山禊所跡に出てきた。そして懐かしい舗装された道路(ボロボロだったが)のところまで下りてきた。馬返しというところだ。ここからはアスファルトで舗装された道をどんどん下っていけばゴールすることができる。いよいよ今回の旅も大詰めだなと気合が入った。<br /><br />ただ、この最後の舗装路が何もなくてとてつもなく長く感じた。いつも8kmのランなんてルンルンでやってのけるんだけど、もう走力は残っていなかった。少し走っては歩いてしまう。<br />下っているはずなのに辛い。足の親指は相変わらず窮屈だし痛いが足裏の感覚はもう麻痺している。雨も降ってるからレインウエアも脱ぐことができず蒸れて暑苦しい。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/Oi9lgTmkTJrFJ2HQyTmY5dMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-cWAEonyErrc/UEmJLOdaoZI/AAAAAAAARWI/jkjNpL0WBKU/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252888%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />中の茶屋が見えてきてまだあと半分もあると愕然とした。4kmはいつも通勤で走ってる距離でホントもうあと少しだからと自分に言い聞かす。そして僕が良くやる「ここを歩かず走りきったら絶対にいいことある」って願掛けのラン。車の来る気配も全くないので車道に出て、ペースは遅いが歩かずにほとんど放心状態で走る。<br />何となく頭で考えていたのが「いいことがある」「ビール」「お風呂」「布団」そして「北斗昌よりはペース速いはず」…。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/Xy7PNN1d17FLb5unEz_DTtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-Th8j-gKBJOU/UEmJOKbY8lI/AAAAAAAARWg/ycIO_ZIjtRk/s640/120901%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%2520%252890%2529.JPG" height="480" width="640" /></a><br />そして頭の上を高速道路が通って、建造物が増えてきて、車もすれ違うようになってきて右手に大きな神社が見えてきた。入口を探すようにぐるっとまわり、でっかい鳥居をくぐった。<br /><br />午後8時54分北口本宮富士浅間神社到着。19時間32分かけた旅が終わった。誰かが待ってくれてたわけでもなく、サライも流れてないが大満足だった。大きな御神木と立派な本殿に恐縮しながら今回の旅が無事に達成できたことを感謝し手を合わせた。<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br /><strong><エピローグ></strong><br />やっと終わった~♪<br />やっと人間らしいことができる~ヽ( ´ー`)ノ<br />って境内で一人喜び、まずは宿探して風呂入る!そしてさっぱりしてビール!ビール!!( ゚∀゚)〇彡<br />大鳥居の石段に座り込みバックパックの中から小物入れを取り出してゴソゴソ<br /><br />ゴソゴソ、ゴソゴソッ<br /><br />バックパックの中身全部出してワサワサ<br /><br />ワサワサ、ガサガサッ<br /><br />ない<br />ないよー<br />マジでないよー( TДT)<br /><br />財布。五合目に忘れたー(´;ω;`)ブワッ<br />しかも財布の中には帰りの18きっぷと鍵も一緒に入ってる。<br /><br />あれだけ願掛けして走ったのにいいことなかった。。。富士山の地図に山小屋の電話番号が載っていたので慌てて佐藤小屋に電話してみる。そして主人に座っていた休憩していた辺りを調べてもらった。<br /><br /><span style="font-size:large;">見つかった!!</span>よかったぁ。<br /><br />主人とどうすればいいか相談して、結局文明の利器タクシーを利用して取りに行くことにした。<br /><br />100マイルトレイルレースとかで活躍している人ならもう一度走って取りに行くのかもしれないが、もう自分にはそんな力は残っていません。。。無念です。<br /><br />駅で佐藤小屋の主人から聞いた三立タクシーさんに乗って夜間のスバルライン観光ドライブ。往復22000円也。<br />遅い時間になったのに主人も起きてくれた。そして無事に手元に財布も戻ってきた。<br />三立タクシーの運転手のおじさんも色々気を使ってくれてとても親切にしていただいた。今日は河口湖でライブがあってこの辺りのホテルは全ていっぱいとのこと。ファミレスで始発待ちをしている人たちも大勢いるから君もそうすればいいよとファミレスまで送ってくれた。<br /><br />ファミレスにを利用することもあまりないのに、朝までコースはレベルが高すぎるが仕方ない。ビールとつまみを頼んで、落ち込んでてあまり気分ののらない一人乾杯。そしてトイレで手ぬぐいを濡らして体を拭き、帰り用のシャツとパンツに着替えて臭いだけは迷惑かからないようにした。<br />地下足袋も脱いで恐る恐る左足の親指を見たがスプラッターにはなってなくてホッとした。靴もVFFに履き替えて地下足袋を仕舞い、これで少しは普通の人っぽくなったかなぁ。<br /><br />タクシーのおじさんの言うとおり、周りのテーブルは寝てる人たちた大勢いた。でもこんなところでは寝れないよと思いながら2杯目のビールとつまみを頼んで食べてると意識が飛んでいた。そして時計を見ると早朝5時半だった。<br />「しっかり爆睡してたじゃないオレ~ww」<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/7zgbyT7I0BMVkBxFwUBSXdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-VY037xalNkI/UEJ7Ro2l0vI/AAAAAAAARIw/O3DlMZToCK4/s640/01%2520-%25201.jpg" height="640" width="360" /></a><br />富士山駅に行き大月までの切符を買って電車に乗る。今日も窓の外は雨模様。<br />大月駅で青春18きっぷに入鋏スタンプを押してもらいレストを兼ねた丸一日電車旅。景色を見たり人間模様を見たり、飲んで寝たりを繰り返して無事帰宅した。<br /><br /><br /><br /><iframe width="640" height="480" src="http://www.youtube.com/embed/49KxoiZtiiQ" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br />と、文章にしてたらだらだらと長くなったので、ザックリいうとこんな感じってフォトムービー作りました♪<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/9ysFzi2TzDhzjCr0n3Oxs9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-pvseREg4oNM/UENs8cjM8HI/AAAAAAAARKI/ZQUiLYakhs0/s640/%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776.jpg" height="301" width="640" /></a><br />今回のGPSログ。きれいな形でお気に入りw<br /><br /><iframe width='500' height='600' frameborder='0' src='http://connect.garmin.com:80/activity/embed/217882689'></iframe><br /><br />他にも撮った写真を<a href="https://picasaweb.google.com/106398325392800914381/1209013776m?authuser=0&amp;feat=directlink" target="_blank" title="picasa">picasa</a>にアップしてます。
  • Date : 2012-09-04 (Tue)
  • Category : 登山系
199

富士完登計画

過去に富士山は2度登ったことがある。ただ2回とも五合目からのスタートだったので(まあそれが一般的なのだけど…)、今回は海からスタートして3776mの頂上まで登ってみたいと思った。"Sea to Summit Mt.Fuji"休みが多く取れればのんびり頂上を目指したかったが、小弱小企業のサラリーマンはそんなに融通が利かないのが現実。ならば装備を軽くして走ったり早歩きをしたりしてのスピードハイクで頂上を目指してやろうと思った。"渚駆頂... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/aatBmm6El-Qnm1153BpxotMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-_pGVuNdfezM/T_aIjnJok1I/AAAAAAAAQpM/QvfYc-oOjx4/s640/%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%25E5%259C%25B0%25E5%259B%25B3.jpg" height="640" width="522" /></a><br />過去に富士山は2度登ったことがある。ただ2回とも五合目からのスタートだったので(まあそれが一般的なのだけど…)、今回は海からスタートして3776mの頂上まで登ってみたいと思った。<br /><br />"Sea to Summit Mt.Fuji"<br />休みが多く取れればのんびり頂上を目指したかったが、小弱小企業のサラリーマンはそんなに融通が利かないのが現実。<br />ならば装備を軽くして走ったり早歩きをしたりしてのスピードハイクで頂上を目指してやろうと思った。<br /><br />"渚駆頂"<br />「渚から駆けぬけて頂まで」実際にはそんなに駆けぬけるほどの脚力は持ち合わせていないのだが、気分だけはそんな気持ちで向かうことにした。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/jXso3C_Wbtf3dITh1PcAodMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-acZZPjbb_2c/UD2n8flc6vI/AAAAAAAARCg/JYqlTzUGVgA/s800/05%2520-%25201.jpg" height="640" width="480" /></a><br />地図を眺めてスタート地点の海岸は田子の浦がいいというのは一目瞭然。そこからどういう風なルートを通って富士山を目指すのがいいか考えていた。<br />舗装路をただひたすら登るのでは楽しくないので何か面白そうなルートはないのかと、PCで色々と検索していたら見つけちゃった♪<br /><br />富士山表口登山道"村山古道"<br /><br />その昔、村山浅間神社から富士山頂上を目指して登られていたという古道のようだ。<br /><a href="http://omotefuji.net/" target="_blank" title="東海道表富士">東海道表富士</a>さんでこの村山古道の地図を取り寄せた。地図を見てるとどうやら全てきちんと整備された登山道というわけではないようだ。しっかりと準備して望まないと道迷いしてしまいそうだ。<br /><br />ならばこの整備されてないルートを夜間に進むべきではない。かといって昼間に通っていたら富士山頂へ着くのは何時になってしまうのか?休日は土日のみ、そう考えると土曜日の日の出と共にこの村山ルートへ入っていくことが最善の選択という結論になった。<br /><br />そう考えていると、田子の浦を深夜に出発してアスファルトの区間を夜のうちに走りきって村岡浅間神社へ。日の出と共に村山ルートに入山して富士宮口六合目にお昼くらいに到着。そしてそのまま登山道を登って午後3時くらい頂上に立つというプランが出来上がった。<br /><br />頂上からの下山で同じルートをあまり通りたくない性格なので、下山は吉田口ルートを通って山梨側へ行くことにした。それと吉田口ルートなら日が暮れてもヘッドライトの明かりで麓まで下りていくことが出来そう。<br />村岡浅間神社から北口本宮 富士浅間神社まで行けるのもいいじゃない。<br /><br />さてさて無事に完走できるのか、体力的に無理でリタイヤするか、または途中道に迷ってリタイヤになってしまうか、とにかく約55㎞の旅のプランは出来た!<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br />天気が良ければお盆明けの週末に挑戦しようと思っていたのだが、怪しい予報だったので延期。あまり時期が遅くなりすぎると日が明けるのが遅く暮れるのが早くなり、装備も防寒着など余分に色々持っていかなければならないので、そう考えるとこの9月1日(土)が今年のラストチャンスかなって思う。<br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/4R-KnmNdNq-Nxs9jGErzbNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-8UJQSYWtLGI/T_aIis3zpWI/AAAAAAAAQpE/3fJja7dw1DU/s640/%25E6%25B8%259A%25E9%25A7%2586%25E9%25A0%25823776%25E6%25A8%2599%25E9%25AB%2598.jpg" height="301" width="640" /></a><br />断面はこんな感じ。ひたすら登ってひたすら下るww<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/I7SgwxfxnUWmZLHvsXc6qNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-VcZR6zx3hoY/UD3AGjlBSsI/AAAAAAAARCw/zuXY-J6BCus/s800/%25E5%2590%258D%25E7%25A7%25B0%25E6%259C%25AA%25E8%25A8%25AD%25E5%25AE%259A%25202%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25B3%25E3%2583%2594%25E3%2583%25BC.jpg" height="442" width="542" /></a><br />区間を区切って登っていけるペースを考えて表にしてみた。さてこの通りに行けるだろうか?<br /><br />9月1日(土)静岡地方<br />日の出 5時19分<br />日の入 18時13分<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/-mtqJYTNvfAKM9g0Pd2W0tMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-wHlQiTeulVM/UD3H959OwFI/AAAAAAAARDY/Zeh8CLUY4IQ/s640/%25E8%25A1%258C%25E3%2581%258D.jpg" height="324" width="640" /></a><br />行きは岡山から新幹線を使って行くことにした。田子の浦最寄の吉原駅に深夜0時過ぎに着く最終電車が便利だ!<br />何だか今回計画したこのプランのためにあるような便だww<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/1jE8xqzUl-N4SY2oWd8wXdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-nD2EJlbJQF0/UD3H9wN6HJI/AAAAAAAARDY/mPV6X6I348k/s640/A%25E3%2583%2591%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%25B3.jpg" height="640" width="574" /></a><br />帰りは青春18きっぷがあと一回分残っているのでそれを使わない手はない!<br />富士山駅(旧富士吉田)の近くのホテルに泊まれたら翌日は丸一日電車の旅になる♪<br />でも実際何時にたどり着くか分からないし、ひょっとしたら途中リタイヤで全然違う方面へ向かってるかも分からないので宿は予約しない。<br /><br />ゴールできたけど宿が取れなかった場合、最悪は大月駅まで最終電車で行って野宿して始発の電車で岡山へ帰る<a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/ztPy6rjvsK2ad419DioL0tMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=directlink" target="_blank" title="プラン">プラン</a>もご用意している♪<br /><br /><br /><br /><hr size="1" /><br />9月1日当日は携帯のバッテリーの都合もあるが行動をなるべくSNSの<a href="http://gplus.to/naokiomori" target="_blank" title="Google+">Google+</a>にアップしながら進んでみたいなと思ってるヽ( ´¬`)ノ<br /><br /><br />9/4追記:すみません村山道を何故か村岡って書いてました。。
  • Date : 2012-08-28 (Tue)
  • Category : 登山系
197

120729大山クロカン

ブログ放置プレイしてたので、ひと月以上も前の事を思い出しながらアップします。クロカンの会場は大山賛歌がエンドレスで流れていてかなり洗脳された。「そぉ~だいせんは~ みどり~がいっぱいだ~か~ら~~♪」今回も前回同様に裸足でアロハスタイルで挑戦。ナオキairmaxはまだまだ出来上がっていないが、芝の上なら問題なく気持ち良く走れる。そして今年の目標はスタートダッシュ!第一コーナーまで一番で通過すること!!結果... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/oFwFUPeoQF1Pw_EFQaQC3dMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-7DcLqFMm11o/UBheF-l_kHI/AAAAAAAAQt8/kT3FYpfkaLQ/s640/120729%2520%252801%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />ブログ放置プレイしてたので、ひと月以上も前の事を思い出しながらアップします。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/AyRQkIRDf1C9xYs5aDjBJdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-CFKQaa6OAr4/UBheJ0bpPcI/AAAAAAAAQuU/d0sPkPpKnqw/s640/120729%2520%252804%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />クロカンの会場は大山賛歌がエンドレスで流れていてかなり洗脳された。<br />「そぉ~だいせんは~ みどり~がいっぱいだ~か~ら~~♪」<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/BN1G5tVGOR-3x48vi77nqdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-d2YiCZNBLkQ/UBheP3eX1fI/AAAAAAAAQvc/8GGa27QPLks/s640/120729%2520%252806%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />今回も前回同様に裸足でアロハスタイルで挑戦。<br />ナオキairmaxはまだまだ出来上がっていないが、芝の上なら問題なく気持ち良く走れる。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/WnKI7mESNsNmgkyuYMLXn9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-e9II8SpTrjo/UBheQVKkRiI/AAAAAAAAQus/1J85OkGA0J0/s640/120729%2520%252808%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />そして今年の目標はスタートダッシュ!第一コーナーまで一番で通過すること!!<br /><br />結果は見事先頭で駆け抜けた。しかしそこからはゴボウ抜かれwww<br />来年は第二コーナーまで先頭で走り抜けようと思った。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/pwIyT0J2cN_pseozMe6OB9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-uKpuOU9L7iI/UBheWYiXgZI/AAAAAAAAQvg/oswxCPtIPyU/s640/120729%2520%252810%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />一周2kmの芝のクロカンコースを3周したナオキairmax。ソールの磨り減りもなかった。<br />記録は27分41秒<br />6km一般男子35歳以下の部38位でした。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/PheQEdj58cqQ_jCI7AbQq9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-AHl8JpVP1F8/UBheVTSlZwI/AAAAAAAAQvE/PxgCWNJmlt4/s640/120729%2520%252811%2529.JPG" height="640" width="425" /></a><br />最近何だか可愛く思えてきた「むきぱんだ」ちゃん<br /><br /><iframe width='500' height='600' frameborder='0' src='http://connect.garmin.com:80/activity/embed/204552578'></iframe><br /><br /><hr size="1" /><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/GS2NNnyx79cJNmMtUrCY6NMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-dNYRqJ1R9kw/UBheYFAuyQI/AAAAAAAAQvU/V3q8IEOH4EM/s640/120729%2520%252812%2529.JPG" height="426" width="640" /></a><br />午後からは昨年同様"自分にS"の3人組で大山登山タイムトライアル。<br />昨年はバテバテで思うように登れなかったので、今年はこっそりリベンジ。<br />さすがに裸足は痛いのでVFFを履いて登った。<br /><br /><iframe width='500' height='600' frameborder='0' src='http://connect.garmin.com:80/activity/embed/204552581'></iframe><br />登りタイムはまずまず♪<br /><br /><iframe width='500' height='600' frameborder='0' src='http://connect.garmin.com:80/activity/embed/204552587'></iframe><br />下りは突き上げが酷くてほとんど走れず、登りよりもタイムが悪い。<br />VFFの宿命だが何か他にいい方法はないもんだろうか。<br /><br /><br /><br />大山を思い切り満喫して、帰りにお約束の水泥棒もして無事帰宅。<br />来年もまたエントリーしよっと♪<br /><br />他にも撮った写真を<a href="https://picasaweb.google.com/106398325392800914381/120729?authuser=0&amp;feat=directlink" target="_blank" title="picasa">picasa</a>にアップしてます。
196

王子ヶ岳主要4ルート往復

いつか挑戦してみたかった王子ヶ岳の主要4ルートを繋げて全て往復縦走をしてみることにした。出来るだけ距離を稼ぎたかったのでただピストンするんじゃなくてグルグル徘徊してみた。ラップ1唐琴登山口(立江寺)スタート~桜園地溜め池ラップ2桜園地溜め池~王子ヶ岳頂上~修験道ルート分岐ラップ3修験道ルート下山~修験道口(旧ホールサムイン)ラップ4修験道口~王子ヶ岳海岸ビーチラン(barefoot)~正面登山道口(旧国民宿舎)ラップ5... <iframe width='500' height='600' frameborder='0' src='http://connect.garmin.com:80/activity/embed/196493232'></iframe><br /><br />いつか挑戦してみたかった王子ヶ岳の主要4ルートを繋げて全て往復縦走をしてみることにした。<br />出来るだけ距離を稼ぎたかったのでただピストンするんじゃなくてグルグル徘徊してみた。<br /><br />ラップ1<br />唐琴登山口(立江寺)スタート~桜園地溜め池<br /><br />ラップ2<br />桜園地溜め池~王子ヶ岳頂上~修験道ルート分岐<br /><br />ラップ3<br />修験道ルート下山~修験道口(旧ホールサムイン)<br /><br />ラップ4<br />修験道口~王子ヶ岳海岸ビーチラン(barefoot)~正面登山道口(旧国民宿舎)<br /><br />ラップ5<br />正面登山道ルート登り~正面登山道ルート分岐<br /><br />ラップ6<br />正面登山道ルート分岐~王子ヶ岳頂上<br /><br />ラップ7<br />王子ヶ岳頂上~縦走路~渋川登山口~渋川ビーチラン(barefoot)~黄灯台<br /><br />ここまでが往路、タイムは1時間11分21秒<br />ちなみにこの日の夕方4時半時点の渋川海水浴場ビキニ指数は0%<br /><br />ラップ8<br />黄灯台~渋川ビーチラン(barefoot)~渋川登山口~縦走路~王子ヶ岳頂上<br /><br />ラップ9<br />王子ヶ岳頂上~正面登山道ルート分岐<br /><br />ラップ10<br />正面登山道ルート下山~正面登山道口<br /><br />ラップ11<br />正面登山道口~王子ヶ岳海岸ビーチラン(barefoot)~修験道口<br /><br />ラップ12<br />修験道口ルート登り~修験道ルート分岐<br /><br />ラップ13<br />修験道ルート分岐~桜園地溜め池<br /><br />ラップ14<br />桜園地溜め池~唐琴登山口(立江寺)ゴール<br /><br />復路は1時間17分45秒くらいで、トータル2時間29分ということで3時間を切ることができた。<br />雨上がりでトレイルのいたるところが川のようになっていてVFFで走ってると気持ちよかった。
195

鉄瓶

【鉄瓶一号機】ボロ屋で5000円だったのを4000円に負けてもらう。比較的新しくきれいだった。主に外出時に使うことにしている。冬のシーズン、雪山での車中泊の時にコイツで湧水を温めて焼酎の湯割りをして飲むのが最高♪【鉄瓶二号機】鉄瓶!鉄瓶!って騒いでたら相方の友達から頂戴する。虫食いの弦でゆず肌の素敵な鉄瓶!中は結構錆びていたので米のとぎ汁を沸かして処置をして主に自宅で使用中。県北から汲んできた湧水を毎日こ... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/aTvEauPndBdNPuAljspDAdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-bffLzN5cpaI/T2dCNZbssSI/AAAAAAAAKNI/ze9T9iVK9yU/s640/120211-12%25E5%25A4%25A7%25E5%25B1%25B1BC%2520%252837%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />【鉄瓶一号機】<br />ボロ屋で5000円だったのを4000円に負けてもらう。<br />比較的新しくきれいだった。主に外出時に使うことにしている。<br />冬のシーズン、雪山での車中泊の時にコイツで湧水を温めて焼酎の湯割りをして飲むのが最高♪<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/T7MU8Ne4ESAgOqnPEVdgvNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-wqjy4lwytYI/T8v6G-_axBI/AAAAAAAAQYM/9cnTI_u87CE/s640/DSC07238.JPG" height="425" width="640" /></a><br />【鉄瓶二号機】<br />鉄瓶!鉄瓶!って騒いでたら相方の友達から頂戴する。虫食いの弦でゆず肌の素敵な鉄瓶!<br />中は結構錆びていたので米のとぎ汁を沸かして処置をして主に自宅で使用中。<br />県北から汲んできた湧水を毎日この鉄瓶で沸かしてNALGENEボトルに入れて一日かけて飲むようにしている。<br />本当はガスコンロで使わない方がいいのだが、毎日火を起こして使うのなんて面倒くさいのでガスコンロで沸かしてる。<br /><br />一所懸命使って育てていたが、ついこの前寝起きでボケてて空焚きしてしまった。ショック。<br />なので鉄瓶の中をもう一度とぎ汁を煮立たせて処理をする。<br /><br /><br />毎朝火を起こして鉄瓶で湯を沸かして一服する…<br />ああ、そんなスローな生活に憧れる。
  • Date : 2012-06-06 (Wed)
  • Category : ギア類
194

120527蒜山三座ピス縦

相方の実家が台所のリフォーム中で浄水器が使えなくて美味い水が飲めないということで、蒜山にある塩釜の冷泉まで水泥棒をしに行くことにした。そしてどうせ蒜山まで行くのだからせっかくなので蒜山三座をトレランすることにした。冬の時期と違ってのんびり家を出発して11時半くらいに下蒜山の登山口をスタートする。まだまだ体力不足なのでしっかり帰ってこれるだけの体力を温存しながらボチボチと登ろう。登りは早歩き程度、平行... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/vSdkMbyQVta2mdtrk1bmmNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-An3R1X6_jbg/T8YTg65IPZI/AAAAAAAAQWs/_Jxuq3IcqWs/s640/120527%25E8%2592%259C%25E5%25B1%25B1%2520%25281%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />相方の実家が台所のリフォーム中で浄水器が使えなくて美味い水が飲めないということで、蒜山にある塩釜の冷泉まで水泥棒をしに行くことにした。<br />そしてどうせ蒜山まで行くのだからせっかくなので蒜山三座をトレランすることにした。<br /><br />冬の時期と違ってのんびり家を出発して11時半くらいに下蒜山の登山口をスタートする。<br />まだまだ体力不足なのでしっかり帰ってこれるだけの体力を温存しながらボチボチと登ろう。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/IpU02fARYLSg6o5RZGiR5NMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-SAK3u9nA6Gs/T8YTjrqGYFI/AAAAAAAAQW8/TNkRMssN4sk/s640/120527%25E8%2592%259C%25E5%25B1%25B1%2520%25283%2529.JPG" height="640" width="425" /></a><br /><br />登りは早歩き程度、平行移動は小走り、下り坂は捻挫した足首が不安なのでスピードが出せず慎重に。<br />トレイルランと言えるのか…、どちらかといえばスピードハイクw<br /><br />かなりいい天気で気温も高く、汗びっしょり掻いたが新緑の山の中は気持いい。笹原のピークに出ると爽やかな風も吹いている。久しぶりの蒜山サイコー!!<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/fnSrWvDhhWAN70BGN9m_YdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-K-X0S7iO1Ao/T8YTn9TrW-I/AAAAAAAAQXU/NcprkhbDap0/s640/120527%25E8%2592%259C%25E5%25B1%25B1%2520%25286%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />下蒜山→中蒜山→上蒜山と縦走して、見晴らしのいい上蒜山八合目の槍ヶ峰で折り返す。<br />登山者も沢山いて中には縦走されている方もいた。<br /><br />暑い中ヘロヘロになりながらどうにか無事に下山。<br />そしてその後本日のメイン、塩釜でお水を汲んで湯原の砂湯の浸かってリフレッシュ♪<br /><br /><iframe width='500' height='600' frameborder='0' src='http://connect.garmin.com:80/activity/embed/182773714'></iframe><br /><br /><br /><br />他にも撮った写真を<a href="https://picasaweb.google.com/106398325392800914381/120527?authuser=0&amp;feat=directlink" target="_blank" title="picasa">picasa</a>にアップしてます
192

120520比婆国際スカイラン

昨年につづき今年も参加してきました「比婆山国際スカイラン大会」今回は20回の記念大会!雨の比婆スカのはずなのに今年はなんと晴れてる!!20回のうちで2回目の晴れの大会だそうですww朝10時に一斉にスタート。スタート10メートルだけ全開で頑張った。その後はどんどんと抜かれていく。前のレースのときに捻っちゃった右足首にまだ不安があり、下りにスピードも出せない。足の着きかたが悪いと痛みを感じる。厄介な足首になっ... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/Lx6XgHJv3KAzCHtf5F-mZtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-p_Ko1pl4ML8/T7wfJB8JG5I/AAAAAAAAP74/Uhb6hBQWGv4/s640/120520%25E6%25AF%2594%25E5%25A9%2586%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%2520%252811%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />昨年につづき今年も参加してきました「比婆山国際スカイラン大会」今回は20回の記念大会!<br />雨の比婆スカのはずなのに今年はなんと晴れてる!!20回のうちで2回目の晴れの大会だそうですww<br /><br />朝10時に一斉にスタート。スタート10メートルだけ全開で頑張った。その後はどんどんと抜かれていく。<br /><br />前のレースのときに捻っちゃった右足首にまだ不安があり、下りにスピードも出せない。足の着きかたが悪いと痛みを感じる。厄介な足首になっちゃったもんだ。。。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/4fKCdv9nI9xDW_e2aZNa-tMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-tPT8a4L6GDc/T7wfNZNrYiI/AAAAAAAAP8I/QCvGt2ixdSE/s640/120520%25E6%25AF%2594%25E5%25A9%2586%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%2520%252812%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />一所懸命走りましたが記録は昨年よりも遅い結果でした。まぁ仕方ないですけどね。<br />最後は腿も攣って半泣きでした。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/7wKZ56LiTTbZnCpt1Vmz09MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-ukLM50uF8Bg/T7wfRV_Bl3I/AAAAAAAAP8Y/3VP6gxVMQDM/s640/120520%25E6%25AF%2594%25E5%25A9%2586%25E3%2582%25B9%25E3%2582%25AB%2520%252815%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br />どうにか完走したので完走証をいただいて無事終了です♪<br /><br />来年リベンジすると決めました!<br />リベンジする大会ばかり増えて困ってしまいます。(´ω`)トホホ…<br /><br /><iframe width='500' height='600' frameborder='0' src='http://connect.garmin.com:80/activity/embed/180448818'></iframe><br /><br /><br /><br />他にも撮った写真を<a href="https://picasaweb.google.com/106398325392800914381/120520?authuser=0&amp;feat=directlink" target="_blank" title="picasa">picasa</a>にアップしてます。
193

120519燃調キット

MT250用キャブレターの燃調キットがあることを知り、買ってしまったwキャブレターを再び分解して古いパーツを新品と交換した♪調整用の色んなサイズが揃ってたが取りあえずはノーマルの設定にしてみた。そして再び油面の調整もしてこれでついに完全復活か!?... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/ONbdVRn25Uq7lk9B7szPv9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-GkTkFWGJiNM/T7weVaZ-DCI/AAAAAAAAP6k/ftD9fshRHy0/s640/120519%25E7%2587%2583%25E8%25AA%25BF%25E3%2582%25AD%25E3%2583%2583%25E3%2583%2588%2520%25281%2529.JPG" height="425" width="640" /></a><br /><br /><embed type="application/x-shockwave-flash" src="https://picasaweb.google.com/s/c/bin/slideshow.swf" width="600" height="400" flashvars="host=picasaweb.google.com&captions=1&hl=ja&feat=flashalbum&RGB=0x000000&feed=https%3A%2F%2Fpicasaweb.google.com%2Fdata%2Ffeed%2Fapi%2Fuser%2F106398325392800914381%2Falbumid%2F5745500576407333025%3Falt%3Drss%26kind%3Dphoto%26hl%3Dja" pluginspage="http://www.macromedia.com/go/getflashplayer"></embed><br />MT250用キャブレターの燃調キットがあることを知り、買ってしまったw<br />キャブレターを再び分解して古いパーツを新品と交換した♪<br />調整用の色んなサイズが揃ってたが取りあえずはノーマルの設定にしてみた。<br />そして再び油面の調整もしてこれでついに完全復活か!?
  • Date : 2012-05-28 (Mon)
  • Category : ELSINORE
191

手ぬぐい

本年度一発目のトレイルランの大会で足首を思いっきり捻って捻挫をした。注意不足だったと思う。なので今年は一歩一歩丁寧にを心掛けて亀の手ぬぐいを使用することにした。ちなみにGW前に出張で行った東京の土産として"かまわぬ"で購入。手ぬぐいはランニング時や温泉入浴の時などにいつも愛用してる。水を吸う量はタオルに負けるけど、畳めばコンパクトになるし絞れば直ぐに乾くので使い勝手は非常に良い。エンジ色の注染の手ぬ... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/U4IZm_KcPLLQEnU9ksGj2tMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-SYDLfiwC-Kk/T6o8eWwImKI/AAAAAAAAPM8/-WWuDLYdkro/s640/DSC06915.JPG" height="425" width="640" /></a><br />本年度一発目のトレイルランの大会で足首を思いっきり捻って捻挫をした。注意不足だったと思う。<br />なので今年は一歩一歩丁寧にを心掛けて亀の手ぬぐいを使用することにした。<br /><br />ちなみにGW前に出張で行った東京の土産として"かまわぬ"で購入。<br /><br />手ぬぐいはランニング時や温泉入浴の時などにいつも愛用してる。<br />水を吸う量はタオルに負けるけど、畳めばコンパクトになるし絞れば直ぐに乾くので使い勝手は非常に良い。<br /><br />エンジ色の注染の手ぬぐいは使い始め真っ赤な色が出て白い風呂桶が赤く染まったw<br />風呂場で毎回身体を洗って、その後洗濯石鹸でもみ洗いをしてやっと色落ちが落ち着いた。<br />真新しいまま首に巻いて走ったらきっとウエアも首も赤く染まったことだろう!
  • Date : 2012-05-19 (Sat)
  • Category : ギア類
190

120512油面調整

少しかぶり気味だったので油面を調整してみることにした。 まずは現在の実油面をチェックしてみる。最初はジャムの瓶で調べてみようとしたけど、ちょうど肝心な部分に蓋をするためのネジを切ってあったので見づらくてガラスコップに交換した。そして次にフロートのバルブに設置する面を曲げて今より少し早い段階でバルブが閉じるようにする。とりあえずこのくらいにセッティングしてみた。作業しているとお師匠さんがバイクでやっ... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/ji_RD3HdbRDBsJ_lXP84WtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-Xw60qMsWK50/T7CCHj9PhVI/AAAAAAAAPXs/6XT_8eVjse4/s640/DSC06939.JPG" height="425" width="640" /></a><br />少しかぶり気味だったので油面を調整してみることにした。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/ydT78qAhCR0nz9ruoBngC9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-Ol6pidS5Sww/T7CCHRK_9UI/AAAAAAAAPXo/2AN_ah1FBCg/s640/DSC06941.JPG" height="206" width="309" /></a> <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/7Yknk34yu98Q4nR2pVTxrtMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-Q7VowFvCZWo/T7CCp_3LkWI/AAAAAAAAPak/_Ot8tRANP5M/s640/DSC06980.JPG" height="206" width="309" /></a><br />まずは現在の実油面をチェックしてみる。<br />最初はジャムの瓶で調べてみようとしたけど、ちょうど肝心な部分に蓋をするためのネジを切ってあったので見づらくてガラスコップに交換した。<br /><br />そして次にフロートのバルブに設置する面を曲げて今より少し早い段階でバルブが閉じるようにする。<br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/IsipQtUwjUfb807lklTTo9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/--rR7OAl0a58/T7CCMcGuthI/AAAAAAAAPYQ/rZmKMYff0ro/s640/DSC06950.JPG" height="640" width="425" /></a><br />とりあえずこのくらいにセッティングしてみた。<br /><br /><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/hN6UIzqjx0fn1XvybXMT3NMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-H4Y6mwQo34g/T7CCRetX1jI/AAAAAAAAPYk/WprEtsDpurU/s640/DSC06955.JPG" height="425" width="640" /></a><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/-0bN2I9_qV8t8fxaSVwCldMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh3.googleusercontent.com/-sRdlQp4kG_w/T7CCkWl5cDI/AAAAAAAAPaE/u8p7CagdSfA/s640/DSC06971.JPG" height="425" width="640" /></a><br />作業しているとお師匠さんがバイクでやってきて、用事で水島港まで行くということでお供することにした。<br />試走した感じだと今度は少し薄くなり過ぎたようだったので帰宅してもう少し油面を上げることに。<br /><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/HJa7sqeavH0y8YsDKh7_G9MTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-1Ji-byFWcLU/T7CCr7zhC2I/AAAAAAAAPa0/vDDLGigASpA/s640/DSC06981.JPG" height="206" width="309" /></a> <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/5rDwFpkZPIArAXUvOdPnCNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-1AiQ-e-igrg/T7CCthxFCWI/AAAAAAAAPa8/jyQHwXPS4Ow/s640/DSC06986.JPG" height="206" width="309" /></a><br />曲げたフロートの接地面を少し戻して再び油面をチェック。<br />色々調べてみて既定の実油面よりも低い感じだけど、とりあえずこのくらいで丁度良いような感じがする。<br />プロじゃないしシロートの調整なので"やった"という満足感が得られたらいいのサw
  • Date : 2012-05-15 (Tue)
  • Category : ELSINORE
189

120505-06珍走団珍走中

ゴールデンウィークだってのに体調が優れず、そして温めていた計画には準備不足だったので、今年の連休は大人しくバイクいぢって過ごした。GW後半の5日は師匠と一緒に旧車で珍走、翌日6日は一人で珍走して遊んだ。... <a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/TKe16I7dq3FkIyYgcdy6atMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh5.googleusercontent.com/-wQ05BxQLF54/T6o8DjAMC5I/AAAAAAAAPH4/27Mj8M2dFmc/s640/DSC06893.JPG" height="425" width="640" /></a><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/eemXRUDUGbmjuW-txXRN1dMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-V4HhJP5TIJ8/T6o7yw8aEmI/AAAAAAAAPHQ/PIqeMV3Dryw/s640/DSC06887.JPG" height="640" width="425" /></a><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/PVlYoHITc4qQ6R-GIWbnJNMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh4.googleusercontent.com/-zrY1_E_gF4I/T6o8Tp5Ta5I/AAAAAAAAPJU/UTCECbsm1mY/s640/DSC06906.JPG" height="640" width="425" /></a><br /><br /><a href="https://picasaweb.google.com/lh/photo/oeX1JU5wI1GzqG3vgMwjDdMTjNZETYmyPJy0liipFm0?feat=embedwebsite"><img src="https://lh6.googleusercontent.com/-AVfCf0hYiWA/T6o8bu695CI/AAAAAAAAPKA/B28FApp4fvc/s640/DSC06912.JPG" height="425" width="640" /></a><br />ゴールデンウィークだってのに体調が優れず、そして温めていた計画には準備不足だったので、今年の連休は大人しくバイクいぢって過ごした。<br />GW後半の5日は師匠と一緒に旧車で珍走、翌日6日は一人で珍走して遊んだ。<br />
  • Date : 2012-05-11 (Fri)
  • Category : ELSINORE
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。